はたらキング・はたらクイーン

松江城の近くに佇む大正ロマン漂う食空間 地元民から観光客まで多くが集う『ろんぢん』

会社名
ろんぢん 松江本店
名前
野々村 健 (ののむら けん) さん
営業時間
1:00~15:00(OS14:30)、17:00~21:00(OS20:30)
休日・休暇
不定休

ある一日のスケジュール

10:00 出勤
料理長として、地元の食材を中心に出勤途中の買い出しなどもこなしながら、さまざまなメニューに対応していく。代々伝わるソースの仕上げも野々村さんの役目だ。

10:45 朝礼

11:00 店OPENランチスタート
場所柄、地元客から観光客までランチタイムを賑わす客層はさまざま。名物のしゃぶしゃぶだけでなく、オムライスやハンバーグ、カツレツなどの洋食メニューも盛りだくさんなのがこの店の魅力。

14:30 ランチタイム終了

休憩

16:30 ディナータイムの準備

17:00 ディナータイムスタート

20:30 ラストオーダー後片付け開始

21:00 店CLOSE


中央に階段を設えたレトロモダンな趣たっぷりの空間に、クリーンで明るい現代的な厨房のコントラストが印象的な店内。庭景色とともに食事が楽しめる奥座敷や、2階には落ち着く個室もあり、さまざまなシーンで利用できる。

創業以来60年続く秘伝のタレが堪能できる名物「しゃぶしゃぶ」は、ランチなら3コース、ディナーなら4コースが用意されている。他にもビフテキや豚カツカレー、オムライスなど島根県産の厳選素材を使った洋食メニューも人気。


ホテル厨房で調理人としての経験を積んだ後、現在の社長に誘われ『ろんぢん』へ。松江観光の中心地でもある松江城堀川沿いの店ということもあり、県内外・外国客とさまざまな人が訪れる名店の料理長として腕を振るう毎日です!


Q&A

Q1. 何をしている・どんな会社?
当店は、先代から受け継ぐ創業六十年余の洗練された味が自慢の「しゃぶしゃぶ」と、秘伝の割り下を使用した「すき焼き」、地元の厳選した食材を使った洋食を楽しんでいただけるお店です。

Q2. 現在の仕事内容
調理全般、接客

Q3. 調理師になったきっかけ
小さい頃から料理が大好きで、地元の専門学校で料理を学び、この世界に入りました。

Q4. 仕事に慣れてきたと感じたのはいつ頃ですか?
料理の世界に入って12年になりますが、慣れというより、日々勉強だなと実感している毎日です。

Q5. この仕事の魅力
提供した料理に対して、お客様から「美味しかった」と笑顔で言っていただけたとき。

Q6. 自分流のストレス発散法は?
休みの日に家族で出かけたり、子どもたちと遊ぶことです。笑顔に大いに癒やされ、日頃のストレスや疲れが吹き飛びます。

Q7. この人どんな人?
初めて出会ったときは、とにかく優しい人という印象。いつも真剣に料理に取り組む姿はカッコイイです!お子さんの話をしているときの野々村さんはいつも笑顔で、優しいパパなんだなあと思います。そして最後にひとつ、若くてキレイな女性にはとても優しいということを付け加えておきます(笑)(女将の木口さん談)

Q8. この機会に言っておきたいこと
移転オープンして4年目に入ります。一緒に店を盛り上げてくれる人を求めています。よろしくお願いします。

Q9. 仕事の上で嬉しかった(楽しかった)ことは何?
休憩中にみんなで食べる、おいしいまかないの時間です!

Q10. 次の目標
県内外の多くのお客様に、お店のことをもっと知ってもらえるように頑張っていきます!

Q11. 会社の自慢
創業六十年余の洗練されたポン酢だれとごまだれでいただく、島根県産黒毛和牛のしゃぶしゃぶは絶品です!

Q12. 求職者へひと言
料理が好きな方、人と接するのが好きな方、明るくて元気のある方、待ってます!

DATA

ろんぢん 松江本店

松江市殿町267 TEL.0852-22-3618
HP https://www.ronjin.co.jp/

先代より受け継いだ老舗の味や大正ロマンの雰囲気漂う店内など、松江城近くという立地と相まって、松江の歴史が丸ごと詰まったかの様な『ろんぢん』では、利用者はもちろん働くスタッフも日常とは違った異空間を感じられる。
現在ホールまたはキッチンスタッフ[正社員・パート]を募集中!