はたらキング・はたらクイーン

システムや防犯など数々の“女性乗務員”環境を実現! 女性の視点に立った活躍の場を提供する『皆生タクシー』

会社名
皆生タクシー株式会社
名前
坪倉 由美 (つぼくら ゆみ) さん
営業時間
8:00~17:00

ある1日のスケジュール

8:00 出社

出社後は乗務員専用の点呼場へ。ここでは健康面やアルコールチェックなどをおこなう。写真のツールはかざすだけで体温が測れるハイテク体温計!

 

車の点検

乗務員のチェックが済んだら、タクシー(自動車)の点検へ。点検表を確認しながらの作業になるので、車に明るくない人でも安心だ。

8:30 出庫(乗務開始)

出庫後は本社センターからタブレット端末に送られてくる指示で動くので、地理的な知識を必要ない上、自分で顧客を開拓するなどの心配もなし。『皆生タクシー』独自のこのシステムも「女性の働きやすさのポイントのひとつ」と坪倉さん。

業務上、昼休憩に決められた時間はないので、本社センター指示に従って休憩をとる。

坪倉さんの乗車するタクシーは、専門の資格を必要とするミニバンスタイルの「UD(ユニバーサルデザイン)タクシー」。高齢者や身体障がい者はもちろん、自転車なども搭載できるので、インバウンド利用での人気も高い。

16:30 閉局(帰社)

汚れが目立つ場合は洗車などの手入れをおこない、点呼場にて乗務終了の手続きをする。

17:00 退社


女性専用の更衣室があるのも『皆生タクシー』ならでは。着替えだけでなく食事や休憩をとったりと、いろいろ便利に使える空間だ。坪倉さんのリクエストで更衣室内に女性専用トイレも新設された。

警備会社とダイレクトに繋がる防犯システムなど、乗務員のセキュリティ面も万全。子育て中でも安心して働ける無料保育所を用意。さらに、タクシー乗務に必須の二種免許だけでなく、普通一種免許の取得からサポートするシステムまで備えるなど、さまざまな角度から働き手を応援する『皆生タクシー』だ。

女性班の班長もつとめる坪倉さんを筆頭に、活躍する女性乗務員の皆さん。「各種サポート体制が整っているので、この仕事の素晴らしさをもっと多くの女性に広めていきたい」と坪倉さん。


Q&A

Q1.何をしている・どんなお店?​
米子市を中心にタクシーでお客様の足となって支える、地域に密着した会社です。

Q2.現在の仕事内容
話題のUD(※ユニバーサルデザイン)タクシーに乗って頂いたお客様を安全に目的地まで送り届ける事が私のお仕事です。※ユニバーサルデザインとは、年齢・性別・分化・身体の状況などそれぞれの人が持つ様々な違いに関わらず、誰もが暮らし安い社会を実現しようとする考え方の事です。

Q3.入社のきっかけ
前職はゴルフ場でキャディーの仕事していましたが、志茂田景樹さんの息子さんが書かれた「タクシーほど気楽な商売はない!」という本を読んで興味を持ち、タクシーのお仕事説明会に行ったのがきっかけです。

Q4.仕事に慣れてきたと感じたのはいつ頃ですか?
今でも緊張感いっぱいですが、道を覚えてお客様と会話が出来るようになってからは乗務する事に喜びを感じるようになり、入社2年くらいで「タクシーは私の天職だ!」と感じるようになりました。

Q5.この仕事の魅力
いろいろなお客様と知り合いになれて、日々感動のあるお仕事です。だからこそ、今も楽しく乗務を続けていいられるのだと思っています。

Q6.自分流のストレス発散法は?
矢沢永ちゃんの「止まらない“ha~黒く塗りつぶせ〟」を聞きながらビールを飲む事です。たまに1人カラオケします(笑)あとは、マラソンして汗を流したり、アロマで心と身体を整えています。

Q7.この人どんな人? (周りの方から見て)
女性乗務員のリーダーとして、無くては成らない存在の方です。時には、肝っ玉母ちゃんのように、時には、優しい先輩として女性乗務員の良き手本として日々乗務に励まれている、頼りになる人です。(村上談)

Q8.この機会に言っておきたいこと。
年の割に落ち着きがなく、かなり天然気味な私を、成長させて頂いた事に感謝しています。男性ドライバーが多い職場に女性ドライバーを沢山増やす事が夢です。造ってくれた土台を活かして仲間をどんどん増やしていきます!

Q9.仕事の上で嬉しかった(楽しかった)事は何?
お客様の「ありがとう」です。 この一言で、また頑張ろうと思えます。

Q10.次の目標 (これがやりたい、こうなりたい)
皆生タクシーといえば女性ドライバー。
女性ドライバーといえば皆生タクシー。
と言われる様になって、女性のパワーでタクシー業界を変えて生きたいです。
世界で一番働き甲斐のある、長く働ける会社に皆でしていきたいです。

Q11.会社の自慢
他のタクシー会社にはない女性だけの職場チームがあります。
私がリーダー(班長)をしています。

Q12.求職者へひと言
子育て中で仕事を続ける事が大変な人。50歳前後の女性でもう一度頑張ってみたい人。
そんな人たちの背中を押してあげられる様に、今までにない女性の職場を作っていきます。
一緒にやりたいと思う人来て下さい。地域の「じげ風呂」というところでタクシーガールの生き方というブログを書いています。


「いろいろな仕事を経験してきましたが、乗務員こそ女性向きの仕事!」という坪倉さん。「収入も確保した上で、自分の都合やペースに合わせて仕事ができるし、なにより『皆生タクシー』は女性に合わせた福利厚生もしっかり!これからはどんどん女性乗務員が増えていくと思いますよ!」と語ってくれました。

DATA

皆生タクシー株式会社

TEL.0859-33-2573
本社/鳥取県米子市旗ヶ崎2207
HP https://kaike.co.jp/

米子市を中心に、病院・買い物の送り迎えなど生活に密着したサービスを65年に渡り提供している『皆生タクシー』男性の職場というイメージが根強いタクシー業界だが『皆生タクシー』では、福利厚生や設備の充実により女性も活躍できる企業として「鳥取県男女共同参画推進企業」にも認定されている。